Guangtong Steel Structure

Q
どうやって品質管理をしますか?
A

当社の制造品質管理の基本的な仕事は制造プロセスの品質管理、「5S」現場管理及び出荷検査(OQC)などの面でコントロールし、制品全体の品質を確保することである。

1。生産プロセスの品質管理:

全従業員、職場主任に品質管理活動に参加するように呼びかけた。各工程の責任は人に実行され、厳格に従業員を操作して1つの制品を作ってまず自検を行い、更に作業場主任が検査を行い、その後品質検査専門員あるいは巡検で抜き取り検査を行い、不良品が出現しないようにして、1つの不良品が次の工程に流入しないようにする。各作業場は検定品、合格品、不良品を厳格に区分し、相互の混同を防止しなければならない。職場の製品はきちんと並べて,きれいに乾燥させなければならない。各作業場は必ず作業を標準化し、不良品を生産しない、不良品を受け入れない、不良品を転送しないようにしなければならない。

2。「5S」フィールドマネジメント:

5S管理とは、整理、整頓、清掃、清潔、リテラシーである。

1.整理:要らないものと徹底的に分離して、要るのは指定の場所に看板を出して明示して、要らないのは断固として処理して取り除くことです;

2.整理:検査した結果、表示も処理されていない物が発見された場合、現場管理幹部は当事者の責任を追及する。

3.掃除:職場、環境、机器設備、制造材料などの上のほこり、汚れなどの汚れ物をきれいに洗うことです;

4.清潔:以上の3つのプロセスの後の日常的な維持活働で、毎日仕事が終わる3分前(または5分前)に、全員が参加する清掃作業を実行し、環境全体を常に良好な状態に維持する。

5.素養:すべての従業員の良い礼儀作法、仕事の習慣、組織の規律、職業精神を育成することです。その目的は清潔で快適で文明的な生産環境を作り、従業員の行動を規範化し、良好な企業イメージを形成することである。

3。出荷検査(OQC):

出荷検査は、生産された製品についてまとめたものです。製品全体の各性能指標の再検査を通じて、顧客の需要と期待の満足度に達するかどうか。会社が定めた基準と顧客の要求を厳格にチェックしなければならない。検査漏れをしない、不良品を引き渡しない、不良品を受け入れない。出荷合格率は100%に達した。